玉 勝間 現代 語 訳。 玉勝間

玉勝間『師の説になづまざること』(1)問題の解答

訳 現代 玉 勝間 語 訳 現代 玉 勝間 語

ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形 たる=完了の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 あはれなる=ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の連体形。 これを「係り結びの消滅(流れ)」と言う。

11

『玉勝間』より学ぶ!本居宣長の学ぶ姿勢が現れた、随筆文学の最高傑作品に挑んでみませんか!

訳 現代 玉 勝間 語 訳 現代 玉 勝間 語

心づくし=名詞、深く気をもむこと、さまざまに思い悩むこと る=完了の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 ぞ=強調の係助詞。 3 多し ク活用の形容詞「多し」の終止形。 それらの新しい学説の中には、 それ相応によい学説もたまにはでてくるようであるが、 たいていの場合、未熟な学者が、 気がはやってあせって唱え出すことであって、 それは、ただもう他人より抜きん出よう 、他人に勝とうという心で、 軽はずみに、 前後をよくも考え合わさず 思いついたままに唱えだすものであるから、 それらの多く(の説)は、 なまじっか発表しない方がましなくらいの ひどい間違いごとばかりである。

10

玉勝間の現代語訳をお願いします

訳 現代 玉 勝間 語 訳 現代 玉 勝間 語

」 と、確信していることでも、思いがけずに、また他人の(自説とは)異なる良い考えが出てくるものである。 次回、持ってこい。

4

玉勝間「師の説になづまざること」

訳 現代 玉 勝間 語 訳 現代 玉 勝間 語

それぞれ、どんなよいところと、わるいところがあるでしょうか。 係り結び。 しかしそれも、からごころとしてはそうだというだけで、じつは、そうではないことがおおいのです。

11

玉勝間「師の説になづまざること」

訳 現代 玉 勝間 語 訳 現代 玉 勝間 語

また、あるいは、そうあるべきだと、おもいとれるものもあるかもしれません。 本居宣長については過去にも何度か整理してきましたが、今回は『玉勝間』について触れておきたいと思います。 」 そういわれてみても、いちおうはもっともなのですが、まだどこかふさわしくない感じがします。

20

玉勝間『兼好法師が詞のあげつらひ』現代語訳

訳 現代 玉 勝間 語 訳 現代 玉 勝間 語

原文 かなづかひ[三四七] 假字づかひは、近き世明らかになりて、古へ學びするかぎりの人は、心すめれば、をさをさあやまることなきを、宣長が 弟子 ヲシヘコ共の、つねに歌かきつらねて見するを見るに、誤りのみ多かるは、又いかにぞや、抑てにをはのとゝのへなどは、うひまなびの力及ばぬふしある物なれば、あやまるも、つみゆるさるゝを、かなづかひは、今は正濫抄もしは古言梯などをだに見ば、むげに物しらぬわらはべも、いとよくわきまふべきわざなるを、猶とりはづして、書きひがむるは、かへすかへすいかにぞや、これはた心とゞめず、又ひたぶるにまなびおやにすがりて、たがへらむは、直さるべしと、思ひおこたりて、おのが力いれざるからのわざにしあれば、かつはにくゝさへぞおぼゆる、しか人にのみすがりたらんには、つひにかなづかひをば、しるよなくてぞやみぬべかりける、さればいゐえゑおを、又はひふへほわゐうゑを又しちすつの 濁音 ニゴリコヱなど、いさゝかもうたがはしくおぼえむ假字は、わづらはしくとも、それしるせるむみを、かゝむたびごとにひらき見て、たしかにうかべずは、やむべきにあらず、何わざも、おのがちからをいれずては、しうることかたかんべきわざぞ、人の子の、としたくるまで、おやのてはなるゝことしらざらむは、いといといふかひなからじやは、 訳文 かなづかい かなづかいは、さいきん、あきらかになりました。 賢い、優れている。

12

「玉勝間(たまかつま):兼好法師が詞のあげつらひ」の現代語訳(口語訳)

訳 現代 玉 勝間 語 訳 現代 玉 勝間 語

石英の結晶構造はケイ素が四つの炭素と配位した「ダイアモンド構造」です。 良い悪いを言わずにひたすら古い説を守るのは、学問の道ではとるにたらないことである。

18