部 首 へん つくり。 漢字部首大事典 構造別一覧 旁(つくり) 1~10

部首

首 へん つくり 部 首 へん つくり 部

まいあし:「舞」など。 例えば「更」は「丙」と「攴」の会意文字で、現在の字書には「丙」の部がないため本来「攴部」に入れるべきであるが、楷書の字形がもはや「攴」の原型をとどめていないので、字形によって「曰部」に入れているのである。

8

部首(部首名)一覧

首 へん つくり 部 首 へん つくり 部

以上のように、『説文解字』の部首が漢字を意味により分類し体系づけることを目的としているのに対し、『字彙』の部首は漢字を検索するための形態による分類の道具、という面が強い。 - イツ、ふでづくり• これは、中国では日本で4画目としている縦画と7画目としている左払いを繋げて書く字体が正式な字体とされているためである。

12

部首(部首名)一覧

首 へん つくり 部 首 へん つくり 部

を使用するようになった現在でも、多くの字書では、部首が変形したものを本来の部首に所属させている。

13

旁(つくり)の部首一覧

首 へん つくり 部 首 へん つくり 部

; 罒 - あみめ、あみがしら、よんがしら• 羽・羽• みみ・みみへん• それでは、さっそく一つ一つみていきましょう。 一般的に「厂(がんだれ)」「广(まだれ)」「尸(しかばね)」「? 尸は人間の後部を描いたもので、人間の体を表すことが多い。 あしへん 「足、脚関連」。

無料テンプレートで「部首カード」を作ってみました

首 へん つくり 部 首 へん つくり 部

かい こがい :「貨」「買」「賃」など。 うかんむり• もんがまえ:「開」「間」「関」など。

14

無料テンプレートで「部首カード」を作ってみました

首 へん つくり 部 首 へん つくり 部

常用漢字数で 20 と、脚の中ではかなり多い方だが、知名度は今ひとつ高くない 脚としてあまり認知されていない。 6画の字は、普通音読みの50音順に並んでいる。 この方式は戦後の『三省堂漢和辞典』(1971年初版)にも引き継がれた。

12

部首(部首名)一覧

首 へん つくり 部 首 へん つくり 部

また、『』のように改訂によって前者から後者に方針を変更したものもある。 しかし、全体的には意味によって漢字を分類するという要素も残している。

8