週刊 新潮。 《週刊文春》偷走我們的獨家!日本八卦雜誌開戰 《週刊新潮》指控宿敵抄襲

週刊新潮

新潮 週刊 新潮 週刊

謝罪広告は認めなかった。 2006年11月9日号で、市長が市職員による飲酒運転に対し報告義務は不利益な供述の強要禁止に違反すると述べたのに対し「バカ市長」と批判した。 2007年11月29日号に、「が元カレにせびる法外な慰謝料」とする記事を掲載、この記事を事実無根とした藤本及び兄が、東京地裁に損害賠償を求める訴訟を起こした。

19

週刊新潮

新潮 週刊 新潮 週刊

当該の死刑囚は、「事実と異なる」として、新潮社を相手取り訴訟を起こし、2010年4月30日に大阪地裁は名誉毀損を一部認め、新潮社に対し30万円の支払いを命じた。 2008年8月7日号で、「2億円『裏口入学詐欺』で訴えられた国民新党『亀井郁夫』副代表」との見出しで、当時副代表だったが、広島市在住の女性から、女性の長男の裏口入学を名目に2億円を詐取したとの記事を掲載。 2008年10月1日、東京地裁は「教団関係者が集団抗議をしたことは事実だが、それで保護者らがおびえていたとは認められない」 「記事の内容が真実と信ずる相当の理由があったとも認められない」として名誉毀損を認め、新潮社に200万円の損害賠償を命じた。

19

米果專欄:盜用的獨家與墮落的業配

新潮 週刊 新潮 週刊

2002年10月30日、東京地裁は、新潮記事中の、法学部長の解任を不可解だとする部分については「おおむね真実」と認めたが、「」「伏魔殿」などの表現については「解任の不当性が明白になっていないのに、総長らを誹謗する表現を使用することは社会的に許容される限度をいささか超える違法なものといわざるを得ない」として、名誉棄損に当たると認定。 『文藝』を発行するに対するの街宣を煽る(。 2005年8月、は「捜査当局から嫌疑をかけられた証拠はなく、真実と信じた相当な理由もない」として賠償金330万円の支払いを命じる。

14

デイリー新潮

新潮 週刊 新潮 週刊

女徳(作、1962年10月29日号 - 1963年11月25日号)• 1F展示室に表紙絵をごとに作品の入れ替えを行いながら展示、販売している。 一審では2本のうち1本について「盗用との判断に至ったとしても無理はない」として、新潮に150万円の賠償命令。 《週刊文春》曾在去年獨家報導知名藝人Becky不倫戀,及前經濟再生擔當大臣甘利明的收賄醜聞,榮獲雜誌業界大賞,並有「文春砲」(形容其報導犀利,被報出來就像是被砲轟到)的稱號,《週刊新潮》也以知名作家乙武洋匡的外遇醜聞獲獎。

9

米果專欄:盜用的獨家與墮落的業配

新潮 週刊 新潮 週刊

プレスリリース , , 2013年6月20日 , 2014年11月1日閲覧。 1997年、の犯人の少年の目にをした写真を掲載。

デイリー新潮

新潮 週刊 新潮 週刊

谷崎の連載はモデル事件により6回で中断し、代わって「月蝕」を連載。 YOMIURI ONLINE 2009年8月28日• は、記事内容は事実無根であるとして、と連名で週刊新潮編集部に文書で抗議をおこない、訂正記事の掲載を要求した。

4