船頭 多く し て 船山 に 上る。 第21回 「船頭多くして船山に上る」はシステム障害修復の最悪事態

船頭多くして船山に上るとは

上る 船頭 て 多く に し 船山 上る 船頭 て 多く に し 船山

「役人多くして事絶えず」=役人が多過ぎると、仕事が複雑になってかえって仕事が捗らない事。

船頭多くして船山に上るの意味・類義語・対義語・使い方を解説!

上る 船頭 て 多く に し 船山 上る 船頭 て 多く に し 船山

〈略〉十人二十人となっては船頭多くして船山に登る、という怖れになるが、五人ぐらいまでの合作は巧く行くと私は思う[坂口安吾*探偵小説とは|1948] [解説] この「船頭」は、渡し舟のような小舟を操る人ではなく、多くの船員が乗り組む和船の船長をさしています。 船って結構船底が滑りやすそうだし。

5

「船頭多くして船山に上る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

上る 船頭 て 多く に し 船山 上る 船頭 て 多く に し 船山

社会人として、もし自分がライバル達と一緒に舵を取る側に立った時、「船頭多くして船山に登る」ような状況にならないように、自分自身や物事を客観的に見る目を養っておくことも重要な事かもしれません。

16

「船頭多くして船山に上る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

上る 船頭 て 多く に し 船山 上る 船頭 て 多く に し 船山

(着付けをする人が多いと花嫁の服装が場違いになる) 【例文】 「あのチームには優秀な人材ばかりが揃ったが、それぞれリーダー的な要素が強いため、案外うまくいかないかもしれない。

船頭多くして船山に上る

上る 船頭 て 多く に し 船山 上る 船頭 て 多く に し 船山

客観的な視点で考える努力も必要かもしれません。

13

船頭多くして船山に登る

上る 船頭 て 多く に し 船山 上る 船頭 て 多く に し 船山

表舞台に出るのは勝手だが,困ったことに現場の指揮を執りたがる。 大きな組織のみならず、少人数の集団であっても、互いの捉え方が違っていると船は違う方向に進み出します。

4